ツッコミ症の姐さんが適当に書いてみるブログ

アフィや、管理人が得する形の広告は一切仕込んでません。スマホ版の強制広告は無料だとどうにもならずorz

DQレジェンドアイテムズギャラリーベスト 単品買い

アイギャラベスト
今日が一応の発売日だけど、入荷自体は当然数日前な訳で・・・

知らない人のためにレジェンドアイテムズギャラリーシリーズ概要のおさらいだ!!

・ドラクエの武器防具の立体化シリーズ
・一個500円、シークレットの混入比率は1/80のドM仕様
・非シークレットの目玉装備もそれなりに出辛い

こういった理由で、シークレット以外のノーマルは200円以下で投げ売られ、
シークレット自体は5000円~2万位(ロト鎧)で取引されるのが常でした。
再販の概念もこの頃のスクエニには全く無かったので、人気のロト編はノーマル暴騰。


んで、忘れた頃にベスト版としての復刻キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!

ラインナップ
相変わらず公式ページが無いので現物から撮影することにする。

使いまわしのくせに、何故か200円値上げという殿様商売っぷりも、
かつて1/80のシークレットアイテムがノーマル扱い!!!
欲しくてたまらなかったロト武具も復刻!!!  地味に天空剣の鞘が新規造型!!!
シークレットは色替えっぽいから出なかった所で別段問題ナッシング!!!

・・・と、当時少しながらでも飼いならされた買った人には200円値上げでも
まあ吉報だったわけですねん。
初版で数万掛けてコンプした人はがっかりでしょうけども。


んで、いざ発売、フラゲ情報を・・・

結論、値上げ復刻だろうといつものドM仕様でした。
わかりやすいまとめが2chスレにあったんだけど・・・
・ノーマル扱いの鎧の混入率がはぐれ鎧1/80、ロト天空が1/40と相変わらずの沼
・色替えシークレットは剣のメッキ仕様、いつも通り各1/80

情報引用元、2chおもちゃ板 【ベストは】ドラゴンクエスト第41章【地獄】 >>29氏>>54氏



まあそれでもお祭りって事で参加だけしておくことに・・・
ロトノーマル
半値以下で投げ売られてるノーマル品2個でした(´・∀・`)

でもこれ欲しかったのよねぇ・・・当時のロト編はほんとに手が出せない値段だったし。
天空編とはぐメタ編は鎧以外コンプ済みだったので、持ってないロト武具だけが出てくれて満足。

乗せてみた
金の上からメタルブルーを吹きかけてられてる為、カード画像と比べても色がちょっと黄色っぽい…。
鎧とシークレット以外は相変わらずの捨て値で投げ売られてるので欲しい人にはいいかもって事で〆

追記。例によって2chスレソースだけど、どうやら金型使い回しではないようです。
同一種でも原型複数ある可能性もあるのは否定できませんが。

ホーロー看板アートマグ 松山容子B(ボンカレー)

昭和ホーロー賛歌(ホーロー看板のミニチュア復刻版)が亜種となって帰ってきました。
1個800円位とちょっと高い目ですが、オープンパッケージなので選んで買えます。

昨年12月にはリリースされたけど一向に見つからず…と思いきや、隔離されてる罠。
普通に行き着けのジョーシンに置いてるし、ザラスでも置いて…w


って事で、最大の目玉品である松山容子Bを買ってきました。

20060203a.jpg
↑松山容子B、ボンカレー。
物自体は見たまんまですが、賛歌ではなかった新柄です。

20060203c.jpg
↑全身ピッカピカ。
ちなみに、取っ手部分内側の黒いのは焼成時に出来る、フック痕。

2ちゃんのおもちゃ板で非常に参考になるレスを貰ったので抜粋すると、
ホーローに混ぜ物をせず、施釉の際はケチらずドブ漬けする(=高品質の証)なら
避けられないと、メーカーに返答を貰ったとの事。

確かに、表面を見るとかなりホーローに厚みが有ります(ドブ漬けっぽいムラも)。
陶芸趣味の自分としては納得のいく話ですよ。
いろんな意味で昔ながらの製法で作られた素朴な物・・・ですね。

ただ、アオシマも最初からフック痕の事は箱に書いておかないとねぇ。
いきなり着払い返送した人とかマジで居そう。


20060203b.jpg
↑ホーロー賛歌とのサイズ比較。
カップ自体は結構小さいです。直径6cm・高さ7cmくらい。
容量としては水200mlがちょうどいい感じで入ります。

20060203e.jpg
↑パッケージ。見つからない人は参考に。意外な所に置いてるかも。

ホーロー看板アートマグ発売延期(´A`)  ホーロー賛歌亜種。

http://www.aoshima-bk.co.jp/scripts/shouhin/series_index.aspx?cl_id=16&ot_id=22&si_id=266
10月中旬発売予定から、一気に未定へ…。やな空気だなぁ。公式更新、既に発売済みの模様。
ちなみに、このシリーズは模型会社のアオシマが昔のホーロー看板を
ミニサイズで復刻するという企画の一種。
以前は「昭和ホーロー賛歌」というシリーズで4回に分けてリリースされてました。
サイズは正方形の物が73mm四方、横長は90×53mm。1枚約500円でブラインド方式。

で、今回はマグカップに形を替えて、中身がわかる形で復活。
単なる使い回しと思いきや、ホーロー賛歌では見られなかった松山容子の
別バージョンが…。これだけ欲しいな。ホーローだと電子レンジで使えないんだよなぁ。

ホーロー賛歌に関しては、単に復刻するというだけでなく、
高い品質で人物モノなどもリリース・アースやキンチョーの看板を同時発売等、
かなりの無茶をしていて、よくこんな企画通ったな…と思えば、
やはりいろんな意味でアオシマ社内でも反対の声が多かった模様
(エラー品交換の際にちょこっとメッセージ頂いたり)。

1017a.jpg
↑当初はノーマル16種で済ます予定が、投売り買いなどで着々と増えてしまい、
湧いてきた物欲に負けた結果、2年以上掛けてシクレ含めて揃ってしまった全20種(笑)。
発売当初、何も知らずに買って出たのが一弾のシークレットだったんだよなぁ。

年配の来客に特にウケが良く、話のタネになったりする。ある意味うちの守護神かw

ちなみに、バンダイが企画を丸ごとパクるかの如く、これのピンバッチを
ガチャでリリースもしていたり。2cm程度・縮尺比率無視と100円ならでは。
ただ…老眼入ってる中年世代には辛いんで無いかい?ピンバッチサイズは。

Top

HOME