ツッコミ症の姐さんが適当に書いてみるブログ

アフィや、管理人が得する形の広告は一切仕込んでません。スマホ版の強制広告は無料だとどうにもならずorz

クラッシュオブクラン クランゲーム攻略法 (斜め視点)

まあ有名さん含めてどこかで既出だとは思いますが、あえて私視点で。

■効率が悪いクエは挑戦しない

TH帯によってもかなりの温度差が出ますが、

金庫orエリタンクを10個破壊

・・・これなんて特に、TH9以上の村を2全壊してもクリアできません(´・ω・`)
クリアまでに4侵攻以上強いられる可能性が結構高いクエに挑むなら他に挑戦した方がお得。



■不要クエは極力、受けて放置を使いこなす

破棄して次のクエ出していくのはもちろん有効、

ただし、これを使いまくるとクールタイムも肥大化してくるので
イベント終盤になるとかなり使い辛くなってきます。


なので、「寝る前に誰もやりたがらない物を受けて、そのまま放置してやり過ごす」のを
クラン全体で活用できると非常に大きな強みになります。


ただし、受けてクリアしない非協力的な人が居るぞなんて揉め事に発展する可能性があるので、
役職主導で提議出来るといいんじゃないかなとは。



■サブ垢もちなら、すぐにスコアカンストさせない

個人スコア上限が500、2000だったりとその回によって違うようですが、
開始早々に上限に達すると、「不要クエを捨てる権利」もその時点で失われます。

目標の報酬グレードにあっさり到達できるクランを除いては、
キャンセル係の存在も重要になってきます。
特に複数アカウントで上限スコア目指してる人は意識すると良さげ



結局の所、ある程度の効率追求していくしかない訳で。
私の場合は1侵攻辺り、50スコアを取れるクエばかり受けてます。最悪3回で100は取れるクエ、かな。

どのTH帯でもラボ、ボムタワーは外周に設置されていることも多いので、
クイーンやウォーデンさえ居ればそれだけで達成できちゃうので見つけ次第全力。

城2つやイーグル砲3つ破壊はクリスタルトロ以下だと外においてある事も結構な頻度であるので
トロ下げかねての挑戦はオススメです。

クラッシュオブクラン 12月中旬アプデ

運営主導のクランクラッシャーアプデ第二弾、
システムが穴だらけで頑張る人がイマイチ報われないという、共産主義同然の不協和音を秘めた博打ゲーム。

この手の協力システムは私は好きなんだけど、
スコア500稼いだ人と50しか稼いでない人と報酬が同等という「スパセル協力品質」には大いに疑問
(揉める原因になるという観点で)。

ちなみに第一弾は10月のマッチング変更と勝手に認定。建前の「調整垢潰し」が目的では無く、
下位番手に相当する人に地獄を見せることで遠回しに昇格を促す為の施策かなとは見てます。
TH11カンスト5件に対して、TH9以下を2件もぶつけるようなクソマッチングが二ヶ月放置されてる時点で故意確定。

総評、クランゲームは深追い厳禁

正直、無名クランでMAX報酬狙うのは人数それなりに居るところでも無謀じゃないかなと。
それ専用のファーミングクランに行くor作った方がいい気がする。

新機能が実装されたばかりの今は余裕でも、
恒常的に500スコアを稼いでくれる人ってのは多分物凄く限定されてくるはず。

例を挙げると、

・対戦常時クランに住んでるのに、ヒーロー工事中じゃない期間の対戦参加率が低すぎる人
・似たようなシステムを抱えてるクラロワで、1日10個もクラウンを稼げてない人

どっちも理由問わず相当多いんじゃないかなと。
これがクラクラのクランゲームには当てはまらないなんてのは夢物語同然ですわ。



■信念もって住んでるクランの運営に関わっている方へ

長い期間居てくれいてるメンバーさん(役職込)は
自クランの長所はもちろん、短所も容認した上で住んでくれています。


なので、人少ないとかうちはアク率が低いから…なんて卑屈な感情抱いちゃうのは彼らに対して失礼。

「MAX報酬狙える見込みが無い」という理由だけでクランを変えようってのは
単にきっかけであって、真意は別じゃないかな。

クランに帰依心たっぷりだけども報酬MAXが欲しいって人も居るだろうから、
その場合はクランゲーム専用ファーミングクランの出向は促すのが大人の対応。

私のクランは正直な所、どちらかは出てくるかなぁという見立てはしてるんだけど
後腐れの無い形さえ取ってもらえれば気持ちよく見送ります。

…ってか、スコアって達成項目にでも記録して欲しいですよねぇ…。
内部的に保管はされてるだろうけど、公開されて欲しいなー

クラッシュオブクラン 監視機能が出来ましたとさ

相変わらずの見切り発車、せめて最低限のオプションでも付けて欲しいのだけども。

あらゆる意味でのトラブルを避けたい

・単に見られてるのが嫌

・・・どちらか一つでも当てはまるなら、全消し・全拒否で安定。

切ったor断った事でどうこう言ってくる人は
それだけ監視・束縛気質が強いって事だし、こんなものがないと維持出来ないような交友関係も嫌だなと。



対戦的な観点でいうならliveはもちろんの事、
作った配置をクラメンさんにフレチャで試しに攻めて貰うってのは

強いクランほどやってる訳で、

それが防衛側が知らない所で見られてるってのは・・・うーん。

とはいえ、これが公式的な機能である以上、
情報収集も兼ねて積極的に採り入れようという動きも多少ながらあるようで、
それはそれで大いに有りじゃないかな。


使える機能は積極的に使うべき。

ようは、フレを受ける・維持するという事に対して、
大きな責任が生まれたのかなーとは思っています。


・・・自分は面倒ごとは御免なので、冒頭で触れた通りの形を即敢行。

クラッシュオブクラン ぼくのかんがえた誰でもたのしめるクラクラ

例の公認なんちゃらリーグって結局は日本だけの企画だったんですねぇ。
公認の文字が与えるインパクトは大きいものの、冷静に考えると主催が個人か企業の差だけ。

おそらく、フィンランド本国は片手間にライセンス許可出した程度で、
ゲームシステムがこれを契機に変わるようなことは残念ながら今の所は無いでしょう。
スポンサーありきのイベントが他国でも開催される可能性はあるよ程度かと。



今のクラクラに足りないもの → 開発のやる気

この一言で片付くから恐ろしいなぁ…。昼村マルチの防衛成功ボーナスなんて
5年前から求めてられそうなのに、未だに実装は難しいで片付けてる有様。

誰でも気軽に参加できて、尚且つ楽しめるイベント → 叶えるのは既存のシステムでは不可能。

誰でも気軽に参加できるクランに限界があるからこそ、自分で作るなり探すなりする訳で。
ガチ勢とライトユーザーが密着しての長期共生なんて不可能という実例、もうみんな経験してるんですよ。


比較的参加敷居の低かった、
ナインクラッシュやドズル杯(…こうやって見ると天才すぎませんかね、あの方・・・)、ポンタ杯形式。
でも初戦敗退が当たり前、全壊なんて取れません的なライト層が継続して出てくれるかどうかと考えると、厳しい。



・・・全否定して終わるのはあまりにも悲しいし、ブログのネタとして妄想するだけならタダなので、
開発予算なぞ知るか程度の認識でさくっと考えてみる。素人なので、穴はいくらでもあるよっ

■昼村の1対1

もうこれしかないと思います。別案でも、とりあえず一人で出来る物。クランの必要性に関しては後述で。

ただし、1侵攻に限定しちゃうと初見殺し寄りのつまらないゲームになる事は必至なので、
回数制限を付けるか、持ち時間は攻め放題にするか等は必要。

THによっては全壊余裕になる可能性もあるので、タイムや手数を考慮して勝敗を決めて欲しいね。

気軽さとチーター対策を含めても、持ち時間15分以内が理想かな。

■その上で、ランキング反映は1日一回に限定する

既存のランキングって、「掛けた時間と人数」、これだけなんですよねぇ…。
世界一クラクラが上手い人でも、睡眠時間以外はゲームに張り付ける凡人プレイヤーの前には埋もれます。

■過疎対策も含めて、専用リワードを設ける

ライト層にも続けてもらう為には絶対に必要なのがこれ。
クラクラは元が村づくりゲーだし、季節イベント限定のオブジェクトを残している人も多い。
ゲームをやりこまないと貰えない記念品の需要はそれなりにあるはず。

■クランである意味合いも設ける

1対1番付だとクランの意味がなくなるので、3人1組程度でスコアの共有が出来るようなランキングも併設で。

小規模無名クランでも、天下を取れる余地は必要。
TH差は・・・まあ何かしらのレート差設けてもらうことに期待。



ランキング反映が1日一回だとか、リワードとか。
割と使い古された手法だけど、誰でも楽しめるを本気で考えるなら必要なことじゃないのかな。

ヒーロー工事中の出撃不可は運営の貯金箱として受け入れるとして、
他の兵科呪文は即座に作れるようなシステムで気軽に楽しめるモードがあるといいなぁと思います。

クラッシュオブクラン スパセル公認のなんちゃらリーグ

・・・企業が絡むと大抵は揉めるのだけども今回はどうなるのやら。

表に出たい人は徹底的に支援、
そうでない人は今まで通り

・・・これでいいんじゃないですかね。前者の為のオーディションすら発表されてないのは如何な物かとは思うけど。

絡めば愛想よくしてくれるけど、
自発的に誰かと行動継続する気の無い天才系の人を無理やり探し出して担ぎ出そうとするのは横暴かなぁと。

少なくとも「今有名な人」って運もあるけど、
表に出る為の相応の時間(+努力、才能)と、広い交友関係の開拓と維持も続けてきた人なのは間違いない。


ブログと動画。どちらかを続けるだけでも大変なのに、
数十人単位(人によっては1-2桁上)を相手にするSNSもかなりの時間負担。

どれだけ上手くても、それを全くやってない無名な人に席をよこせってのはさすがに無理がある。

言葉は悪いけど表舞台に上がりたいなら、

「既に出来上がってる人気有名に対する擦り寄りと、格差への順応」 は
継続的 に続けるべきだとは思います。

有名クランで有名になってからの独立やら、
革命起こしの実例も、それを可能にする人望を既に確立してないと出来ない荒業ですな。



ちなみに私は純粋にゲームを楽しみたい派。
クランや、ツイッターといったSNSはあくまでもその中の彩り、アクセントであって
遊戯時間そっちのけにしてまでの挨拶チャット偏重化や、
プライベートタイムを大幅に削ってまでSNSにのめり込む気は更々なく。

なのでマイペースで続けて行きたいなぁと。まあ凡人の時点で表舞台とは全く関係ないのだけども、
結構似たような人もいるんじゃないかなーとは思ってます。

« Prev|Top|Next »

HOME